言語

クレジット

KKRのクレジット投資へのアプローチ

KKRは、ファンダメンタルな投資アプローチを活用しながら、当方に明確な優位性があり、長期にわたる資本評価増が望め、魅力的で一貫したリスク調整後リターンが得られる投資を求めて、自己勘定の資金を投入します。

KKRのクレジット投資へのアプローチ

 

アクティブなポートフォリオ運用

  • 明確な投資テーマに基づく投資の意思決定
  • 入念なデューデリジェンスに基づく投資判断
  • KKRキャップストーンやパブリックアフェアを含むKKRの全リソースの活用が可能であり、KKRがガバナンスを担う投資先企業の経営改善に積極的に取り組む
  • 各クレジットで四半期ごとに再評価および再引受けを実施
  • ポートフォリオ構成およびリスク対策についての継続的な評価
  • 継続的なポートフォリオの最適化
 

資本の保全

  • 投資家の資本を自らのものと見なし、慎重に管理する
  • ダウンサイドリスクの管理とコストの抑制 に重点を置く
  • 投資先候補の財務状況に関する詳細な調査を独自に実行
  • ポートフォリオの見直しを四半期毎に行うことで、圧倒的に低い債務不履行率を達成
 

独自の案件創出能力

  • ​「単一プラットフォームによる案件発掘」、全KKRネットワークの活用 :KKR投資チーム、KKRキャピタル・マーケッツ、KKRキャップストーン、投資先企業の経営陣、KKRのシニア・アドバイザーのネットワーク
  • 市場の歪みの特定や積極的な案件創出のためのテーマ別アプローチ
  • 経験豊富な案件創出専門のプロフェッショナル
  • 長期にわたり関係を培ってきた幅広い発行体ネットワーク
  • プライベート・エクイティのスポンサー、銀行、取引執行部隊とのネットワークを有する金融街にとっての重要顧客という位置づけ