言語

エネルギーにおけるKKRのアプローチ

エネルギーにおけるKKRのアプローチ

KKRのエネルギーチームは、石油・ガス会社に投資し、魅力的なリターンを生み出す取引を構築することにより、エネルギー産業に対するソリューションプロバイダーとしての役割を果たすことを目指しています。

今日のエネルギー市場は投資家に魅力的な機会を提供

  • KKRのエネルギー業界における緊密なネットワークを活用

  • 柔軟で差別化されたソリューションを業界に提供

  • 規律ある投資の意思決定を行う

  • 投資実行後も積極的に資産を管理

  • 定期的な利益分配および資本価値の増大を通じて投資家リターンの確保に努める

エネルギー投資は、エネルギー自給の達成支援や新たな雇用の創出、経済成長への貢献など、環境および社会面でプラスのインパクトを及ぼす有望な機会を提供します。しかし、エネルギー・セクターではステークホルダーおよびKKRの投資活動に影響を及ぼしうるESG関連の課題に直面することが時としてあります。KKRは、エネルギー投資におけるESG関連のリスクと機会を管理することで、ESGに関する問題とその長期的な業績に与える影響を把握することに真摯に取り組んでいます。

エネルギーにおける環境、社会、ガバナンス(ESG)

KKRのステークホルダー・エンゲージメント このような投資におけるKKRの戦略の柱は、ステークホルダーに積極的に働きかけ、より優れた意思決定を伝えることです。KKRは、地域社会、政策当局、投資家、非政府組織、その他関係者と協働し、投資およびポートフォリオ管理の意思決定においてESGの検討を行い、エネルギー市場における持続可能なビジネスソリューションを支援します。


天然ガス:世界のエネルギー供給における天然ガスの重要性が増しており、エネルギー自給においても天然ガスは重要な役割を担っていると考えます。加えて、天然ガスを燃料として用いた場合、他の多くのエネルギー源よりも温室効果ガスやその他の排出物を抑えることができます。KKRは、水圧破砕法による天然ガスの掘削による環境および社会への影響を十分理解し、管理するため、業界およびステークホルダーと積極的に協働しています。こうした様々な問題、監督当局への対応、さらに掘削過程で使用する化学物質の公表、水資源の利用と管理に関する厳しい基準の策定など、事業者としてのベスト・プラクティスの定期的な評価にも積極的に取り組んでいます。

KKRのESGマネジメントに対するアプローチの詳細についてはこちら。