言語

ヘッジファンド

ヘッジファンド

KKR Prisma(KKRプリズマ)は、カスタマイズされたヘッジファンド・ポートフォリオおよびファンド・オブ・ヘッジ・ファンズの構築と運用を行います。ポートフォリオ構築の専門ノウハウとリスク管理に対する総合的な定量的アプローチにより、優れた運用実績をあげることに努めています。KKR Prisma(KKRプリズマ)では、それぞれの戦略ごとに業界をリードするヘッジファンド・マネージャーを選別するスペシャリストアプローチを採用しています。

投資家

KKR Prisma(KKRプリズマ)の投資家ポータルサイト

+ リンク

KKRプリズマは、高度なポートフォリオ構築テクニックと総合的な定量的リスク管理アプローチを採用しています。KKR Prisma(KKRプリズマ)のプラットフォームにおけるマネージャー間のパフォーマンスの相関性は極めて弱く、ポートフォリオは非常に分散化されており、多様なアルファの源泉を追求しております。中・低ボラティリティの金融商品、株式、クレジット、合同ポートフォリオおよび分離ポートフォリオにおけるオポチュニスティック投資等の様々な投資戦略を投資家に提供します。

KKR Prisma(KKRプリズマ)は、機関投資家の投資要件に体系的に対応することを目的に、2004年に創設されました。経験豊富なプロフェッショナルにより高いレベルのサービスを提供しています。設立当時の社名はPrisma Capital Partnersであり、2012年にKKRの傘下に入りました。