言語

インフラストラクチャー

インフラストラクチャーにおけるKKRのアプローチ

KKRは、ダウンサイドリスクが限定されたインフラストラクチャー投資を行う戦略をとっています。独自の案件創出、経営への深い関与、積極的なステークホルダー管理を通じて、企業価値を創造します。この戦略が、投資家にとって付加価値のあるリターンにつながると考えています。

KKRのアプローチ:付加価値のある投資戦略

慎重な投資案件の選定
インフラストラクチャーは他と大きく異なる資産クラスであり、さまざまな要因を考慮して選定を行うことが極めて重要です。KKRは、魅力的なリスク調整後リターンを実現するために、リスクを最小化できると考えられる投資に重点を置き、リスクベースの資産選定プロセスを用いて投資決定を行います。
独自の案件創出とストラクチャリング
積極的な働きかけ、高い評判と強固な関係、重点的な地域ネットワーク、経営陣や企業家に高く評価されるリソースにより、他では手にすることのできない投資を生み出す可能性があります。
経営への深い関与
KKRは価値創造において長年にわたって実績を積んでおり、これに業務改善のための人材、プロセス、リソースへの大規模な投資が加わることで、インフラストラクチャー資産の価値創造を実現します。
積極的なステークホルダー管理
KKRのパブリックアフェアーズ・グループの専門知識、外部アドバイザー、および政策立案者、労働者組織、環境NGO、その他の利害関係者とのパートナーシップを通じて、KKRはインフラストラクチャー投資の長期的な価値を向上させる差別化された機会をとらえることができます。
ポートフォリオの分散化
チームは、市場、業界、リスク、地域といった観点で幅広く多様性に富んだポートフォリオを構築することに重点を置いています。