言語

プライベート・エクイティ

プライベート・エクイティにおけるKKRのアプローチ

KKRのアプローチ:アジア太平洋地域におけるプライベート ・エクイティ

KKRアジアのメンバー兼マネージングパートナーであるジョセフ・べイ(Joseph Bae)が、大規模かつダイナミックなアジア太平洋地域におけるプライベート・エクイティ投資へのKKRのアプローチについて解説します。

KKRのプライベート・エクイティ・チームは、経営陣や起業家と強固なパートナーシップを組むことにより多様な業種および地域において優れた企業を確立し、多大な実績を築いてきました。

世界的な投資会社としてのKKRの差別化要因:


価値創造における専門知識

KKRは、投資先企業の経営陣とパートナーとして協業し、成長の実現と生産性向上を目指すアクティブな投資家です。
+ 続きを読む

ステークホルダー・エンゲージメント

KKRは、KKRの成功に貢献することのできる個人、投資家、国際組織や地域団体、投資先企業の経営陣や従業員といった全てのステークホルダーと協働します。
+ 続きを読む

経験豊富で、安定した、深い洞察力のある投資チーム

KKRは「ワンファーム」アプローチに誇りをもっており、社内の様々な部門や地域拠点が積極的に協力してより良い結果を目指します。
+ 続きを読む

創業以来の堅実かつ一貫した運用実績

KKRは、公開市場で達成しうる水準を大幅に上回る安定した高リターンをプライベート・エクイティの投資家に提供します。
+ 続きを読む

世界規模の事業展開

KKRは自社の持つプロフェッショナルやアドバイザーのグローバルなネットワークに加えて、世界各地のビジネスリーダーとの関係を活用し、独自の投資案件を創出しています。
+ 続きを読む

創造性と革新性

1976年の創業以来、共同創業者は創造性と革新性に基づく会社の構築に努めてきました。
+ 続きを読む

業界に関する深い知見と独自の案件創出能力

KKRの投資アプローチは、グローバルビジネスへの投資につきものの複雑さに対処できるように考案されています。
+ 続きを読む