言語

ESGマネジメント

ESGマネジメント

アジア太平洋地域における責任ある投資

KKRのグローバルESG(環境・社会・ガバナンス)方針は、KKRにとって今日の市場における競争上の強みとなっています。持続可能な長期的な企業価値の創造、健全な環境慣行、公正な労働慣行、適正なガバナンスの透明性、すべてがビジネスの成功に必須の要素です。

KKRでは急速に変化する世界で長期的な成功を収めるためには環境・社会・ガバナンス(ESG)問題に真摯に取り組むことが不可欠と考えています。KKRは、プライベート・エクイティ投資のプロセスにおいて重要なESG要素を考慮することにより、責任ある投資を行います。

資源の減少、消費需要の変化、規制強化が大きな課題と同時に機会をもたらすと予想されるなか、ESGに関わるリスクと機会を慎重に管理する企業は、将来優位な立場に立つと考えられます。

​KKRの資本、経営力、長期保有モデルは、ESGに関わるソリューションの不可欠な要素になると確信しています。KKRは、「一つの組織」として、ディリジェンスプロセスならびに一連の積極的なプログラムと支援を通じた投資先企業の経営におけるESG要素の管理にKKR全体で協働して取り組みます。

また、直面するESGの機会および課題に対して慎重なアプローチを維持し、パートナーの皆様のための持続可能な価値創造を実現する新たな方法を模索していきます。

詳細については弊社ウェブサイトのESGページもしくは2015年のESGレポートをご覧ください。

ESG状況説明

亚洲单页宣传册