言語

KKR、カルソニックカンセイ株式会社の公開買付けを完了

   

KKR、カルソニックカンセイ株式会社の公開買付けを完了

【2017年3月23日、東京・さいたま】世界有数の資産運用会社であるKKRと大手自動車部品メーカーであるカルソニックカンセイ株式会社(以下、CK)は、本日、KKRの傘下の投資ファンドが保有する特別目的会社であるCKホールディングス株式会社によるCKの全ての既存株式に対する公開買付けを完了したことを発表しました。本公開買付けには、95.21%のCKの普通株式の応募があり、CKホールディングス株式会社は応募された普通株式を全て取得する予定です。本公開買付けに関して、CKの筆頭株主である日産自動車株式会社は同社が保有する約41%のCKの普通株式を応募しました。なお、応募された普通株式を取得した後、CKホールディングス株式会社はCKを完全子会社とするための一連の手続きを実施し、CKの普通株式の全て(但し、CKが所有する自己株式を除きます。)を取得する予定です。

CKは、コクピットシステム、サーマルシステム、排気システム、及び先進的電子電装部品を扱う大手自動車部品メーカーであり、最大顧客である日産ルノー三菱アライアンスの他、いすゞ、マツダ、VAG、ゼネラルモーターズをはじめとした数多くの自動車メーカーと取引を行っています。

CKの代表取締役社長である森谷弘史は、「自動車、製造及びサービスセクターにおけるグローバルでの幅広い知見に加え、弊社ビジネスにおける共通のゴールを持つKKRと協働できることを心待ちにしております。本パートナーシップにより、新たな市場への事業展開や世界中のお客様に革新的な新製品をお届けし、カルソニックカンセイがより成長できることを楽しみにしています。」と述べています。

KKRのパートナーでKKRジャパン代表取締役社長の平野博文は、「カルソニックカンセイは自動車部品セクターにおいて、大きな成長の可能性を秘めた世界トップクラスの企業です。今回の公開買付け手続きを無事完了できたことを大変嬉しく思います。今後カルソニックカンセイと従業員のサポートをすることで事業目標達成に貢献し、この素晴らしい事業をより良いものにしていくことができるよう邁進していきます。」と述べています。

KKRは本件について、主に同社のアジアファンドⅡから投資を行います。

カルソニックカンセイ株式会社について

カルソニックカンセイは自動車関連企業で、日本にグローバル本社を、米州、欧州、中国、アジアに統括機能を置き、グローバルネットワークを築いています。さらに、日本、アメリカ、メキシコ、イギリス、フランス、中国、タイ、インドに開発拠点を、そして世界に78の生産拠点を持ち、すべてのお客様に最適供給できる体制を構築。2万人を超える従業員が、国籍を超えて心をひとつにし、魅力ある製品の提供に取り組んでいます。カルソニックカンセイ株式会社の詳しい情報はウェブサイトwww.calsonickansei.co.jpをご覧ください。

KKRについて

KKRはプライベートエクイティ、エネルギー、インフラ、不動産、クレジット、ヘッジファンドを含む様々な資産クラスの運用を行っている世界有数の資産運用会社です。KKRは忍耐強くかつ規律的な投資アプローチで、世界トップクラスの人材を投じて、それぞれの資産を成長と価値の創造に導くことで魅力的な投資リターンの創出を目指しています。KKRはファンド資金に加えて自己勘定資金の投資も行うとともに、キャピタル・マーケッツ事業を通じて投資機会を提供しています。なお、KKRの投資に関する記述には、KKRがスポンサーとなっているファンドによる活動が含まれる場合があります。KKR & Co. L.P. (NYSE: KKR)に関する詳しい情報はウェブサイトwww.kkr.com およびTwitter@KKR_Co. をご覧ください。


【お問い合わせ先】

カルソニックカンセイ株式会社担当窓口

コーポレートプランニング本部 CSR/広報・IRグループ

電話048-660-2161

KKR担当窓口

アシュトン・コンサルティング

電話:03-5425-7220  mail: KKRJapanPR@ashton.jp