言語

KKRジャパン、新会長と新社長の就任を発表

東京、ニューヨーク、香港-2013年4月10日 コールバーグ・クラビス・ロバーツ・アンド・カンパニー(関連会社を含め以下「KKR」)は本日、KKRジャパンの現マネージング・ディレクター兼代表取締役社長の蓑田秀策氏が代表取締役会長に就任し、マネージング・ディレクター兼代表取締役社長として新たに平野博文氏を任命することを発表しました。平野博文氏はアリックスパートナーズ・アジアLLCでマネージング・ディレクター兼アジア地域金融サービス統轄を務めていました。なお、両氏は4月15日付の就任となります。

KKRの共同設立者、共同会長および、共同CEOを務めるヘンリー・クラビスは、「蓑田氏はKKRジャパンの代表取締役社長として6年間日本の事業を統括し、将来の成長へとつながる堅固な基盤を構築してくれました。KKRがビジネス・パートナーやステークホルダー、政府当局との信頼関係を維持できるよう、今後は会長として引き続きリーダーシップを発揮することを期待しています。」と述べています。

またKKRアジアでマネージング・パートナーを務めるジョセフ・ベイは、次のように述べています。「平野博文氏をKKRジャパンのマネージング・ディレクター兼代表取締役社長に任命したことは、当社がプライベートエクイティ会社として成長するため、そして、資産運用および資本市場分野でさらに事業を拡大するための重要な一歩と言えます。平野氏は30年にわたり日本企業の事業再生と国際化を支援し成功に導いた実績を持ち、プライベートエクイティ投資と経営コンサルティングの両分野で活躍してきた貴重な人材です。KKRが日本に築き上げてきた堅固な事業基盤を基に、平野氏はKKRジャパンチームを日々統括していくことになります。」

平野氏は企業再生専門コンサルティング会社として知られるアリックスパートナーズに入社以前は、株式会社日興コーディアルグループ(現SMBC日興証券株式会社)においてマーチャント・バンキング部門CEOを務める傍ら、日興プリンシパルインベストメンツの会長を兼任していました。また、日興シティグループ証券株式会社および日興アセットマネジメント株式会社等の複数の企業で取締役を歴任しました。

アリックスパートナーズでは、日本航空株式会社の再生支援、住友信託銀行株式会社(現三井住友トラスト・ホールディングス株式会社)によるシティグループからの日興アセットマネジメント株式会社買収、およびそれに続く日興アセットマネジメント株式会社によるDBS銀行のシンガポール資産運用子会社の買収案件に対する助言チームを指揮しました。慶應義塾大学卒、シカゴ大学よりMBA取得。

KKRについて

1976年に設立されたコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)はヘンリー・クラビスとジョージ・ロバーツが率いる世界有数の資産運用会社です。2012年12月31日時点で755億米ドルの運用資産を保有しています。KKRは世界各地に拠点を構え、様々な資産クラスを網羅する多様な投資ファンドを通して資産運用を行っています。

2006年に設立されたKKRジャパンは、7つのオフィスと90人超のエグゼクティブで構成されるアジア太平洋チームの中核的存在です。KKRジャパンには日本のプライベート・エクイティ業界において活躍する経験豊富な投資プロフェッショナルが揃っています。2010年には総合人材サービスを提供する株式会社インテリジェンスの株式を株式会社USENから取得、2011年には伊藤忠商事株式会社などと共同で非上場企業としては米国最大規模の石油・ガスの探査生産会社であるサムソン・インベストメント・カンパニーを買収しました。また、同年にはKKRとグーグル、シャープの米国子会社リカレント・エナジーと共同でカリフォルニア太陽光発電プロジェクトに投資するベンチャー企業を設立しました。

2013年、株式会社インテリジェンスホールディングス、テンプホールディングス株式会社およびKKRは、テンプホールディングスがインテリジェンスホールディングスの全発行済株式を買収することで合意に達しました。テンプホールディングスは日本屈指の総合人材サービス会社でアジアへの進出を積極的に進めています。インテリジェンスホールディングスもまた、正社員向け人材紹介および求人広告に加え人材派遣、アウトソーシングなど複数の分野で事業展開する日本有数の総合人材サービス会社です。両社の合併により、国内を中心とした人材ニーズに対応することのできる体制が整うと同時に、企業や求職者に向けた総合的な人材サービスを提供する企業が誕生します。

KKRはアジア全域で様々な国、産業の28社に50億米ドル以上の資金を様々な形態で行っています。また、実務の専門家を派遣し、有益な助言や投資判断の提供を通じて投資先企業に付加価値を提供しています。KKRの投資における経験と強みは、クライアントリレーションや資本市場のプラットフォームを通じ築いた投資家との関係により補完されています。KKR & Co. L.P. はニューヨーク証券取引所に上場(NYSE:KKR)しており、本リリースで記載するKKRには子会社、運用する投資ファンドや顧客口座、そして関連する投資ビークルが含まれています。KKRに関する詳しい情報については HYPERLINK "http://japan.kkr.com" http://japan.kkr.comをご覧ください。

本件に関するお問い合わせ先:
アシュトン・コンサルティング・リミテッド
中馬 美佳/マス 彩子
電話: (03)5425-7220
kkr@ashton.jp