言語

会社概要

ジョージ・ロバーツ:KKRのビジョン

KKRのビジョンがどのようにKKRの企業文化と価値観に浸透しているかについて、ジョージ・ロバーツ共同会長兼共同CEOが説明します。2014年4月28日。

KKRは、プライベート・エクイティ、エネルギー、インフラ、不動産、クレジット、ヘッジファンドを含む様々な資産クラスの運用を行っている世界有数の投資会社です。

実業家の視点を持つ投資家として、KKRは忍耐強くかつ規律のある投資アプローチで、世界トップクラスの人材を投じ、全ての投資パートナーと利益を共有することで、魅力的な投資リターンの創出を目指しています。

また、KKRキャピタル・マーケッツは、KKRやKKRの投資先企業、特定の顧客に対して、個々の必要に応じた資本市場に関するアドバイスの提供、および投資や資金調達を必要とする企業へのソリューションの提供を通じて支援します。

KKRは堅強なバランスシートを持ち合わせていることから、投資家と共に多額の資本を投資したり、新たな投資戦略を開発したり、また投資引受けを行うことも可能です。投資パートナーと共に自己資金を投資することにより、投資先企業やKKRのファンドへ投資する投資家と、より強く利害を共有することになります。

KKRのパートナーとなることで、投資家や企業は、KKRが有する幅広い知見へのアクセスを得ることになります。また、必要に応じて、KKRのファンドに出資する全ての投資家のために、KKRの全ビジネスラインが協力して対応します。KKRの投資パートナーは、創業以来数十年間にわたり蓄積されたKKRの金融および経営に関する経験、広範におよぶ地域・産業に関する知識、世界的マクロ経済や地政学的トレンドに関する知見、そして社内外に広がる強固なグローバルネットワークを利用することが可能です。

全社で統一されたアプローチにより、KKRのファンドに投資する投資家と緊密にコミュニケーションを図ることで、彼らのニーズに沿った、最適で画期的な金融ソリューションと投資ビークルを提供します。世界中に拠点を構える一つのグローバル企業として、KKRは個々の投資家や企業それぞれに対してKKRの使命を果たしていきます。