言語

シチズンシップ

KKRが提供する 「40 for 40」プログラム

KKRの従業員は、世界各地で地域社会に直接的に関与し、各自の時間や能力、専門知識を活用して数々の非営利組織においてボランティア活動を行っています。KKRの従業員は、継続的なボランティア活動、組織の役員やアドバイザーを務めることなどを通して、世界各地の地域社会のプロジェクトや組織に毎年何千時間も貢献しています。

今年はKKR創設40周年を記念して、従業員による社会貢献を支援することが決まりました。各従業員は世界中の非営利団体のために有給で最大40時間のボランティア活動に従じることができるようになります。KKRの取り組みによるインパクトを増強させるため、従業員には次の3つの分野に注力するよう促しています。雇用および地域の発展、保健と教育、そして、環境です。

従業員は自身の裁量で時間を管理し、いくつもの非営利組織に奉仕時間を提供することができます。創立40周年を記念する本年も、KKRの従業員が弊社の基盤を成すパートナーシップ、チームワークそして卓越性の精神の下、社会にお返しするために時間を費やすことに期待を寄せております。


KKR創業者による社会奉仕活動

社会に奉仕する活動への取り組みは、創業者であるヘンリー・クラビスとジョージ・ロバーツが共有するコミットメントです。両者は、複数の代表的な非営利組織との深い関わりを通して地域社会に積極的に貢献する活動に意欲的に取り組んでいます。
+ もっと読む