言語

ESGマネジメント

投資先企業とのパートナーシップ

アジア太平洋地域における責任ある投資

KKRのグローバルESG(環境・社会・ガバナンス)方針は、KKRにとって今日の市場における競争上の強みとなっています。持続可能な長期的な企業価値の創造、健全な環境慣行、公正な労働慣行、適正なガバナンスの透明性、すべてがビジネスの成功に必須の要素です。

KKRが投資する企業の多くは、経営上または財務上の様々な問題に直面するのと同じように、多岐にわたる持続性に関わる課題またはチャンスに遭遇しており、複数の業種にまたがる問題もあります。共通の問題が存在する場合には、共通の課題に関する「ベストプラクティスのコミュニティ」を構築し、KKRの投資先企業の知見から学ぶことができます。

KKRは、プライベート・エクイティの投資先企業によるESG関連の目標達成を支援できる優れた能力を備えていると自負しており、これまで、リソースを共有して共通の課題に取り組むための様々な積極的なプログラムを策定してきました。各プログラムには、金融、環境および社会への影響、またはリスク軽減を通して問題解決に取り組む社内外のパートナーが参加しています。