言語

Search

不動産

戦略

KKRは不動産投資に対してテーマ別アプローチを行っています。法的枠組みや規則を考慮しながら、KKR全体の各ビジネスからの情報を活用し、業界のトレンド並びに人口動態の変化を読みながら投資をします。KKRはアセットとプラットフォームの両方に投資します。KKRは柔軟な資金提供能力を備え、不動産投資戦略に応じてエクイティおよびデット資金が提供可能なグローバルプレーヤーとなっています。

付加価値 & オポチュニスティック・エクイティ

主な業務: KKR独特の洞察力、関係構築力、実行能力を活用した最大限のリターン創出

KKR Real Estate Partners Americas LP ("REPA")
REPAは主に米国で付加価値の高いオポチュニスティックな不動産投資を目指しています。ファンドは2013年にクローズ、KKR担当者とKKR Financial Holdings LLCからのコミットメントに加え、15億ドル超のコミットメントを確保。

KKR Real Estate Partners Europe L.P. ("REPE")
REPEは西ヨーロッパで付加価値の高いオポチュニスティックな不動産投資を目指しています。ファンドは2016年にクローズ、7億3900万ドルのコミットメントを確保。

KKR Real Estate Partners Americas II ("REPA II")
REPA IIは、主に米国で付加価値の高いオポチュニスティックな不動産投資を目指しています。ファンドは2017年にクローズ、20億ドルのコミットメントを確保。ここにはKKRの自己資金と社員からの約2億2,600万ドルが含まれます。

クレジット戦略

主な業務: 米国における商業用不動産債権に投資

KKR Real Estate Finance Trust Inc. (NYSE: KREF)
KREFは商業用モーゲージ・シニアローンの組成に焦点を当てた外部管理REITです。

The KREF専用ウェブサイト

KKR Real Estate Credit Opportunity Partners (“RECOP”)
RECOPは、リスク・リテンション・ルールに準拠し、商業用モーゲージ担保証券(CMBS)のジュニアトランシェを購入します。ファンドは2017年にクローズ、11億ドルを確保。