言語

Search

KKRキャップストーン

KKRキャップストーンの使命

KKRキャップストーンは、KKRが価値を創造する過程において欠かすことのできない役割を担っています。KKRキャップストーンの最大の使命は、KKRの投資先企業がいかにして持続可能な経営改善を実現できるかを見極め、その実現を支援することで、全てのステークホルダーのために価値を創造することです。この使命を実現するために、KKRキャップストーンは価値創造において次の3つの分野に注力します。

  • デューデリジェンスの過程における経営改善機会とリスクの評価
  • 投資先企業の持続的で意義ある経営変革の実現
  • KKRのスケールと多様性を活かして複数の投資先が恩恵を受ける改善策の構築

​KKRキャップストーンは、70名超の経験豊富な専門家で構成され(2019年9月30日時点)、案件チームと共に投資先企業を支援しています。KKRキャップストーンは、オルタナティブ投資業界では最大規模を誇る経営支援チームであり、南北米、アジア、欧州に拠点を有し、グローバルに展開するあらゆるビジネスを支援する能力と規模を備えています。

KKRキャップストーンの役割

キャップストーン

KKRキャップストーンのアプローチ

KKRキャップストーンのチームは、KKRの投資先企業のライフサイクルを通じて関与します。デューデリジェンスの段階ではKKRの投資チームと密接に連携して価値創造の機会を特定し、投資先企業の取締役会および経営チームによる価値創造のための100日プランの策定を支援します。経営上の優先順位が定まると、KKRキャップストーンのチームは投資先企業の経営陣と連携し、抜本的な企業変革に取り組みます。

KKRキャップストーンは、売上拡大、組織の効率化、資本効率の最適化のバランスを図りながら、収益とバランスシート双方の改善を目指します。KKRキャップストーンのプロフェッショナルは幅広い業種と業務分野で豊富な経験と専門力を備えており、あらゆる業界の投資先企業を支援することが可能です。さらに、調達面での共有プログラム等、あらゆる投資先企業が利用可能で成果が得られるような改善策の構築と管理を専門に行うプロフェッショナルを擁しています。

KKRキャップストーンは、提言よりも結果を出すことを重視しており、「ハンズオン・アプローチ」で、戦略策定から戦略の実施まで、価値創造のための活動を支援します。長期スパンで持続可能な改善を目指すため、投資先企業の経営陣と共に、能力開発と投資先企業へのスキルの還元に注力しています。

KKRキャップストーンはこれまで10年以上にわたり、KKR全体の価値創造プロセスにおいて重要な役割を担ってきました。KKRキャップストーンのプロフェッショナルは、KKRの投資プロフェッショナルや投資先企業の経営陣との協働し、事業変革を遂げて持続的経営へと舵を切ることで強固なビジネスを構築することにおいて多くの実績を積み上げています。